プロフェショナル・ドクターズ

プロフェッショナル・ドクターズ・ネット(プロドク・ネット)は広く一般市民を対象として、循環器病を中心とした生活習慣病の予防・啓蒙に関するさまざまな活動を展開することによって、あらゆる人々のクオリティ・オブ・ライフの向上に貢献します。

Dr.桑木の身体にいい話-1 インフルエンザの話

2012.02.14 Tuesday 18:11
0
     今年は少ないのではないかと思っていましたが,やはり例外ではなかったようです.インフルエンザ発生の報告が相次いでいます.

    インフルエンザは,単なる風邪の重症型ではありません.風邪ぐらい,と気楽に考えないで,風邪症状を伴う全身疾患,大変な病気,と考えてください.

    風邪の主な症状は,軽度の発熱,上気道(鼻,のど)の炎症に基づく症状(のどの痛み,鼻水,鼻づまり,咳など),頭痛などで,重症感がないのが特徴です.また,普通に生活していても,数日で自然治癒し,大流行して社会生活が麻痺することは少ないでしょう.

    一方,インフルエンザは,悪寒,38度以上の高熱,全身倦怠感,筋肉痛,関節痛などを伴い,「ただ事ではない」という重症感を伴う全身病です.時として,大流行を来たし(パンデミック),社会生活を脅かします.仕事を休み,安静を保つ必要があります.また,他人にうつす,感染源であるという,自覚が必要です.

    インフルエンザは,インフルエンザウイルスによる感染症です.感染経路は,咳・くしゃみなどによる「飛沫感染」や,ウイルスに触れた手による「接触感染」などが主です.ウイルスの入り口は,鼻・口などの粘膜です.うがい,手洗いなどで,その進入を防ぎます.マスクは,ウイルスを飛ばさない意味で,感染の拡大を防ぐうえで有用です.しかし,ウイルスは,マスクの「め」よりずっと小さく,その侵入をマスクで防ぐことは出来ません,過信しないことです.

    インフルエンザの予防には,感染者との接触を避けることですが,やっかいなことに,発症の前日や,症状が軽快しても,なお2日ぐらいは感染力があると云われています.ウイルスが体内に入って23日で発症しますが,中には10日くらいの潜伏期を持つこともあるようです.数日にわたる学級閉鎖なども,その意味では仕方のない手段でしょう.

    ワクチンの接種も有用です.完全に感染をシャットアウト出来るわけではありませんが,感染しても軽症で済みます.免疫力の持続は,長くはなく(3ヶ月くらい),毎年摂取することが必要です.

    インフルエンザウイルスは,乾燥を好みます.部屋の湿度を保ち,換気に努めることが大切です.

    特効薬(タミフル)は,発症後48時間以後では効果がないとされています.感染の判定キットも普及していますし,感染マイナスと判定されても,症状からそれと診断できるときは,タミフルが使用されますので,早めの受診をおすすめします.JUGEMテーマ:健康
    - | - | - | - | - |